何とかしたい!ベトベト頭皮をスベスベ頭皮にする方法

何とかしたい!ベトベト頭皮をスベスベ頭皮にする方法

頭皮がベトベトする、という悩みを抱える人は少なくありません。頭皮のべとつきは、頭皮ニキビ、薄毛など髪の毛のトラブルにつながる重大な問題です。
そこでここでは、べとべと頭皮をスベスベ頭皮にする方法についてまとめてみます。

シャンプーのしすぎ

脂性のひとほど、べとつきがあるから、シャンプーできれいにべとつきをなくそう!と思い、シャンプーをしっかりとする人がいます。効果があるように見えるこの行為ですが、実は頭皮のべとつきには逆効果なのです。
体は敏感に変化に気が付くようにできています。シャンプーをしてしっかりと皮脂を取ってしまうと、体は皮脂が足りない!と思うのです。
頭皮にはある程度の皮脂が必要であるために、皮脂を過剰に出そうとします。そのために頭皮がべとつく状態になってしまうのです。

頭皮のインナードライ

上記のように体はある程度の皮脂を必要とするために、皮脂が足りないと感じると皮脂を過剰に出してしまうのです。
頭皮も顔と同じように、インナードライという状態があります。頭皮の表面からだけではなく、頭皮の奥からも乾燥してしまうのです。
ャンプーのし過ぎが主な原因として考えられますが、そのほかにもエアコンの使い過ぎによる室内の乾燥、乾燥肌、食べ物に油分が足りない、適切なヘアケア商品を使っていないなどインナードライには複合的な要因が関係しているのです。

保湿が頭皮のべとつきを解消する

皮脂が過剰に分泌されることによって起こる頭皮のべとつきをなくすためには、頭皮の皮脂を取りすぎないことが大事になります。
また保湿をしてうるおいを保つことが大事なのです。
まり頭皮のべとつきをなくすためには、保湿が重要であることが分かります。保湿をするためにシャンプーは皮脂を取りすぎずに、保湿を行ってくれるタイプを選びましょう。またローション、ミルク、オイルなどで頭皮をケアして、うるおいを適度に残すようにしましょう。
べとつきに保湿?!と思うかもしれませんが、頭皮をすっきり乾燥させるだけのシャンプーのみのケアでは不十分で、体のつくりを考えると保湿をすることで皮脂の過剰な分泌を抑えられるといえます。