頭皮ニキビとストレスの関係

頭皮ニキビとストレスの関係

季節の変わり目や、生活環境の変化、人間関係で悩まされたりすると、ポツポツとお肌にニキビができたりしませんか?
実は、ストレスは肌に大きな影響を与えます。
頭皮も肌の一部ですから、大きなストレスにさらされると頭皮ニキビができる可能性が大きいのです。

ストレスがホルモンのバランスを崩れさせ、頭皮ニキビをつくってしまうワケ

環境の変化や心配事により、生活が乱れて、睡眠不足、食生活のバランスの崩れ、便秘を引き起こします。
それが原因となってストレスが増え、脳を緊張状態にさせます。
そうすると、ストレス対抗のため副腎皮質ホルモンが放出され同時に男性ホルモンが分泌されて、結果的に女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
男性ホルモンの増加が原因で、皮脂は過剰分泌され角質が厚くなってたまっていきます。そして毛穴が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して頭皮ニキビができやすくなるのです。

頭皮ニキビが治らない、という現状もストレスの原因になる

頭皮ニキビがすでに頭にできている、ということ自体がストレスに拍車をかける要因にもなります。
洗髪をしたり、櫛でとかしたりする度に、頭皮ニキビに手が触れて、頭にある忌々しいニキビのことを思い出しますよね。なかなか治らないし、髪をセットするのにもニキビがあると難しい、かゆくて痛いし・・・そうしてイライラが溜まっていき、さらにストレスがかかり、頭皮ニキビを悪化させてしまうのです。
そして、ストレスは自律神経の働きを低下させ、血行の悪化、細胞のターンオーバー(新陳代謝)を妨げる原因にもなります。ターンオーバーがきちんと機能していないと肌の損傷の回復を遅らせてしまうのです。
つまり、ストレスを長期間かかえていると、頭皮ニキビはなかなか治るどころか、炎症をさらにひどくし、悪化させてしまいます。
ですから、まず過剰なストレスを日々の暮らしから減らすこと、そして気持ちにゆとりを持つこと。こうすることが頭皮ニキビによく効く適切なお薬の一つと言えますね。