頭皮ニキビと喫煙の関係性

頭皮ニキビと喫煙の関係性

喫煙は百害あって一利なし、という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
頭皮ニキビができる、という点でもこの言葉は真実です。
喫煙を続けていると、頭皮ニキビは治るどころかいつまで経っても良くなりません。
きれいな肌、健康的な頭皮を手に入れたい、と願うならまず喫煙の習慣を見直してみましょう。
でも、喫煙と頭皮ニキビの関係性って?一体どんな悪影響があるのでしょうか。

喫煙は大量のビタミンCを消費させる

タバコを吸い続けると 血中ビタミン濃度がどんどん低下します。タバコ一本吸うごとに、実に25~100mgものビタミンCが破壊されるそうです。ビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑制、コラーゲンの生成、肌細胞のターンオーバー(新陳代謝)を促進、そしてニキビの炎症を抑える働きがあります。それだけでなく、抗酸化作用やストレス抑制にもビタミンCは一役かっています。でも、喫煙でビタミンCが失われるとこうした働きが十分にできませんから、結果として頭皮ニキビが悪化してしまうのです。

喫煙は血管を収縮させ、血行を悪くさせる

タバコの主成分であるニコチンは、毛細血管を収縮、血流を悪くします。そうすると、ターンオーバーが低下して真皮の働きは衰え、栄養分も十分に行き渡りません。その結果、肌は荒れ頭皮ニキビができやすい肌になってしまいます。

喫煙は活性酸素を発生させ、免疫力を低下させる

タバコは大量の活性酸素を発生させ、細胞を傷つけて免疫力を低下させるので悪玉アクネ菌の活動を抑えることができません。なんと、1本のタバコを吸うたびに100兆個以上の活性酸素が発生すると言われています。さらにタバコを吸うと抗酸化力が強いベータ・カロテンやビタミンCは激減してしまうので、活性酸素の被害が増えることになります。よって、頭皮ニキビはどんどん酷くなってしまうのです。
ですから本気で頭皮ニキビを完治させるには、まず喫煙を止めることが最大の近道かもしれませんね。