白髪が出てくる平均年齢は?

白髪が出てくる平均年齢は?

白髪の出る平均年齢は、男性34才、女性35才といわれています。
白髪が出てくるワケは、老化によって細胞の活性が弱まるためです。でも、人によっては若白髪、二十代で白髪が出てくる人もいれば、五十代でもまだ真っ黒、白髪が数本くらいしかない髪の持ち主もいますよね。この差は一体なぜなのでしょうか。

寝不足や血液がドロドロだと白髪が増える?

髪の毛はもともと、すべて白髪でできているのを知っていましたか?髪の毛を黒くする場所は、毛根の中にあるメラノサイト(色素細胞)と呼ばれるトコロにあります。この中にはメラニンという、髪の毛に色をつけてくれる絵の具のような働きをしている色素があり、このメラニンのおかげで髪が黒く発毛してくれるのです。
メラノサイトが正常に機能するためには、ミネラル、アミノ酸、ビタミンなどの栄養素が必須です。これらの栄養素が不足したり、血流が悪くなるとメラニンが充分に作られず、白髪のまま髪が生えてくるようになります。つまり、不規則な食事や睡眠不足は髪が白髪になるのを助長していることになるのです。

ストレスって白髪に関係あるの?

大いに関係があります。メラノサイトは神経細胞から分化してできているのでストレスに敏感なのです。強いストレスは髪に大きな影響を与えます。大きな仕事を抱えていたり、過酷な問題、心労などが重なって、過度のストレスに長期間さらされると髪が真っ白になったりしますよね。これはストレスでメラノサイトの機能が低下してしまったからです。しかしストレスがなくなるとまた黒髪に戻る例もあるそうです。ストレスを溜めない為に外でストレス発散できるスポーツや趣味を持ったり、自分なりのリラックスできる方法を探しましょう。
最後に復習です。髪の色素を作ってくれるメラニンが減少=白髪が増える、でしたね。
解決策は・・・(バランスのとれた栄養ある食事+質の良い充分な睡眠)-ストレス=黒髪が増える、 ということです。