生理や妊娠と頭皮ニキビの関係性

生理や妊娠と頭皮ニキビの関係性

生理前になるとニキビが顔に出てくるように、頭皮にも出てきたりする人もいると思います。
妊娠中に出る人もいるようです。なぜ、生理前や妊娠中に頭皮ニキビが出来るのでしょうか。
答えはホルモンバランスと関係があります。

妊娠による頭皮ニキビ

妊娠により体質が変わって、ホルモンバランスが変化します。
女性には、性ホルモンが2種類あり一つは女性ホルモンと呼ばれているエストロゲン、もう1つはプロゲステロンです。
妊娠初期は、妊娠維持に必要なエストロゲンとプロゲステロンが多く分泌されます。
プロゲステロンは男性ホルモンと似た作用があり、皮脂腺の働きを活発にして皮脂の分泌を増やします。
妊娠初期には、特にこのプロゲステロンが大幅に増加するそうで、肌トラブルがおこりやすくなるそうです。
過剰に皮脂が分泌されて、毛穴に皮脂が溜まり詰まってしまい、頭皮ニキビができやすくなります。
それでも、徐々に美肌を作ってくれるエストロゲンが増加して、プロゲステロンよりも多く分泌されるようになりますから、自然と頭皮ニキビは解消されるかもしれません。
ですから頭皮ニキビができても悩みすぎてストレスをためないようにしましょう。

生理前の頭皮ニキビ

生理の時にも同じことが言えます。生理の2週間ぐらい前になると、プロゲステロンの影響で頭皮ニキビができやすくなります。
肌は乾燥しやすくなり、角質が厚くなって、毛穴が詰まりやすくなります。
さらに排卵が終わったこの期間には、(個人差はありますが)体温が上がる傾向にあり熱がこもって炎症を起こしやすくなるそうです。
そして、生理が始まるころには皮脂の分泌量が増えるので頭皮ニキビが急に悪化することがあります。

頭皮ニキビを悪化させないために、生理前にできることは?

生理前は、プロゲステロンの影響で皮脂量が増えるため、油っこい食事を避けるのがベター。
特にビタミンB群は皮脂の分泌を抑えてくれるので、意識して、いつもより多めに取り入れましょう。
また、体温が上がるために、なかなか寝付けず睡眠不足になりやすいので早めに休むようにし、しっかり休息をとるよう心がけましょう。