頭皮ニキビが治らない原因

頭皮ニキビが治らない原因

「皮膚科に行って塗り薬をもらい続けていますが、もう5年間も頭皮ニキビが治っていません」
「頭皮にニキビのようなものがあるので皮膚科でもらった薬を使ってみましたが効果がありません。もう4年間も悩まされています。一体何が原因なのでしょうか?」
「一年程前から頭皮ニキビが出てくるようになりました。シャンプーや枕などが原因かも?と考えていましたが違うようで、なかなか治りません。なぜでしょうか?」
「頭のニキビが一向に治りません。 皮膚科にも何軒か通いましたが治っては発症し、の繰り返しで全てきれいになくなった記憶がありません。」

こうしたコメントから分かるように、しつこい頭皮ニキビに悩まされている人は大勢います。しかも長期間に及び、なかなか消えてくれない頭皮ニキビ。その理由は何なのでしょうか。
無意識のうちに頭皮ニキビを触ってたり、いじっていませんか?
意外と多い原因がコレ。頭にニキビがあるのが気になり、ちょこちょこ自分の手で触っているので、これでは常に雑菌が付着しやすくなりなかなか完治しません。頭皮ニキビが全然治らない!と自覚している人は、それだけ自分のニキビを触っていたり、鏡でチェックしていじっていたり、潰している可能性があります。

また無意識のうちに手が頭に伸びていて、ニキビを触って確認していることも。私たちの手にはバイ菌がたくさんついています。そんな手で触ったり、潰したりするのは厳禁!頭皮ニキビを本気で治したい人は、今日から頭皮ニキビに一切触るのを止めましょう。洗髪しているときにも、シャンプーで殺菌代わりにしようと爪を立てて頭皮をゴシゴシ、なんて絶対にしてはいけません。意外と自分で頭皮ニキビを悪化させている可能性があります。そして、次に見直したいのが食生活です。

以下に当てはまるものが一つでもありますか?・お水はあまり飲まない・スナック菓子や菓子パン、甘いものが大好き・外食が多い・便秘に悩まされている・ラーメンや焼肉、カレーライスが好物・アルコールをよく飲む・タバコを吸う

いつまでも頭皮ニキビが治らない人は、血液がドロドロになっている可能性があります。
血液中に、老廃物が増え皮膚の栄養状態や抵抗力が低下します。そうすると、ターンオーバーが滞り、毛穴が詰まってニキビがひどくなります。身体に溜まった汚れや毒素を体の外に排泄するためにニキビとなって出てくる事もあります。普段口にしているものが、人の身体を作っています。そのため頭皮ニキビを繰り返す人は食習慣も見直す事が必要不可欠なのです。