こどもの頭皮ニキビ

こどもの頭皮ニキビ

子供は汗をかきやすい体質なので、頭皮も汚れやすく、吹き出物が出やすくなります。
大人と違って、衛生面に関する認識もまだ学んでいる途中なので、かゆみを感じると、汚れている手で思い切り掻きむしったりし、症状が悪化することもあります。
特に気候が暖かくなると不衛生な状態は、悪玉アクネ菌にとって格好の繁殖条件になります。

お子様に大人と同じシャンプーを使わせていませんか?

もし、お子様に頭皮ニキビができてしまったら大人用のシャンプーではなく、低刺激な子供用シャンプーを使いましょう。
もし、自分で髪の毛を洗わせていたら、シャンプーを必要以上たっぷり頭につけている可能性があります。そしてすすぎの時、時間をかけてちゃんとシャンプーを洗い落としていないかもしれません。
シャンプーのすすぎ残しは頭皮の荒れを招きますので、頭をしっかりすすいでいるか、良くチェックしてあげてください。

小さいお子様も、大人と同じように毎日シャンプーで髪を洗っていませんか?

まだ5歳以下のお子様なら、頭皮の皮脂分泌は少ないので、頻繁にシャンプーで髪を洗う必要はありません。子供の皮膚はデリケートですから、洗いすぎは肌に負担をかけてしまいます。
一週間に2回ほどシャンプーしてあげれば十分かもしれません。
シャンプーをしない日は、ぬるま湯ですすぎ洗いをして汚れを落としてあげてください。
髪を洗った後は柔らかいタオルで水気を拭き取り、髪が濡れたままでいないようにすることも大切です。

お子様の爪を切ってあげていますか?

遊ぶのが大好き、活動的な子供たちは、見えなくても手はバイ菌がたっぷり付いています。
爪が伸びていると、爪と指の間に土や汚れが入ってバイ菌が増えます。
そうした爪で頭を掻いてしまうと、バイ菌が毛穴に入り込み頭皮ニキビがどんどんひどくなってしまうでしょう。お子様の爪が伸びていないか頻繁に確認して、伸びていたら切ってあげましょう。
子供の皮膚は大人の皮膚より薄くて浸透力が高いです。
そのため、皮膚トラブルが起こりやすいので、もし症状に回復が見られない場合はお医者様にしっかりと診てもらいましょう。頭皮ニキビではなくて、脂漏性皮膚やヘルペスである可能性もあります。