頭皮ケアには湯シャンを取り入れると効果的!

頭皮ケアには湯シャンを取り入れると効果的!

湯シャン、という言葉、テレビなどで耳にしたことあるかもしれませんね。
最近、芸能人の間でも湯シャンでヘアケアしている人が多いようです。

湯シャンとは、シャンプーやトリートメントを一切使用せず、お湯だけで髪を洗うことです。
人間の本来持っている洗浄能力だけで、余計なものを使わずに、でも汚れを落とすのをお湯で手助けしよう、という概念からきています。

人には自分で体をきれいに保つ機能が備わっているので、シャンプーなど人工的につくられた液体に頼らずに、お湯で洗うだけで十分に汚れが落ちる、というわけですが、ぜひ試してみませんか?
でも毎回シャンプーで髪を洗っていたのに、いきなりお湯だけで洗う、というのは少なからず抵抗感がありますよね。

髪をシャンプーで洗わないとスッキリ感がないし、髪がすぐにベタついたり、ギトギトしてしまうのでは?と心配でしょうか。でも、実はそれはシャンプーをすることにより、頭皮に必要な皮脂を落とし過ぎてしまっている、ということになります。そのため皮脂が過剰分泌されていてすぐにベタついてしまっていたり、頭皮を必要以上に洗浄していて乾燥させているかもしれません。

湯シャンをすることにより、徐々にシャンプーの使用を控え、頭皮を自然な状態に戻しましょう。頭皮の皮脂バランスが正常に戻り、栄養分が十分に髪に行き渡るようになるので頭皮が活性化します。
湯シャンの最大のメリットは、頭皮皮脂のサイクルをリセットして、正常に戻せることといえます。
さらに、湯シャンにより活性化された頭皮のおかげで丈夫で太い髪の毛が生えやすくなる効果もあります。湯シャンは抜け毛や薄毛予防効果もあるといえますね。

湯シャンの正しい方法をマスターしましょう。
お湯の温度は、36~38℃のぬるま湯で、時間をかけて丁寧に洗髪することがポイントです。適度なお湯の温度は頭皮に熱の刺激を与えず、お湯の力で皮脂汚れをしっかり落とす事を可能にします。シャンプーの使用頻度をいきなりゼロにして、湯シャンに切り換えるのはオススメできません。そうではなく、最初は2日に1回の頻度でシャンプーを減らし、次は、3日に1回というペースのように徐々に減らしていきましょう。少しずつ慣らしていくことが大切です。