頭皮ニキビができてしまう原因

頭皮ニキビができてしまう原因

頭皮にニキビが出ると、とても気になりますよね。櫛で髪をとかす時やシャンプーする時などケアに本当に気を使います。ところで頭皮ニキビができる原因は主に3つ考えられます。

原因その一 アクネ菌繁殖

ニキビを引き起こす悪玉アクネ菌は、空気の当たらない、油脂で湿った場所を非常に好みます。
髪の毛で覆われた頭皮の中にある毛穴は皮脂が溜まって詰まった状態にあると、まさにアクネ菌にとっては格好の場所、頭皮ニキビが吹き出る最高の条件なのです。
ところで、毛穴に皮脂が詰まってしまうのはなぜでしょうか。
睡眠不足や食生活の乱れ、ストレス、洗髪を怠るなどが原因で、皮脂が過剰分泌されて角質が厚くなり、よって毛穴が詰まりやすくなります。そして汚れが付着すると一層、アクネ菌が増殖し結果として頭皮ニキビの原因となります。髪の毛を洗ってドライヤーで乾かさずに濡れたままでいたり、長時間帽子やヘルメットを使用する、髪の毛をずっと結わえたまま、などの状態はアクネ菌繁殖を増長し頭皮ニキビをより一層悪化させてしまいます。

原因その二 シャンプーのすすぎ残し

シャンプーで髪を洗った後、十分にすすいでいますか?シャンプーのすすぎ残しも頭皮ニキビの大きな原因の一つです。
手早くお風呂を済ませようとして、洗髪の時に丁寧に洗い流さないで済まそうとすると頭皮にシャンプーが残り、毛穴を詰まらせてしまいます。
ャンプーを頭に直接つけて擦り込むように洗ったり、刺激の強いシャンプーを使用するのも頭皮ニキビがなかなか治らない要因になります。

原因その三 頭皮の乾燥

シャンプーをしっかりする事により、頭皮を乾燥させておけば、油っぽくないためにニキビはできにくいのでは?というイメージがあるかもしれません。
しかし実は頭皮の乾燥はニキビを作ってしまうのです。また既にできてしまった頭皮ニキビを治そうとして、1日に何度も髪を洗ったり、熱いお湯で洗ったりするのも実はNG。
乾燥することによって剥がれ落ちた角質が毛穴を塞ぎます。そのために皮脂分泌が正常にできずに、体が勝手に潤いを補うために過剰に皮脂を出し始めるのです。そして過剰な皮脂がべとつきはじめ、汚れを呼び寄せ雑菌を繁殖させ、頭皮ニキビが治らない、という悪循環に陥ってしまいます。